受講生の声


クラウンアーツ・ビジネススクールに入って5ヶ月で起業することができました。ビジネスモデルの構築や事業計画から法人設立のサポートまで丁寧にサポートしていただけました。起業して実践を積む中で、学習した内容がどんどん実力になり、最初にベースを身につけておけたのはとても大きかったと思っています。<きっかけ>魅力的な講師陣がそろっており、プログラム的にも魅力的な部分が多かったから。<いいところ>大学生ましてや社会人ですら会えないような講師陣が授業を行ってくれること。志高い仲間が多く集まっていること。実践的な講義が多いため、アウトプットもできて身につきやすい。<変わったこと、意気込み>アウトプットをそこまで重要に感じていなかったが、実際体感したことで重要性に気が付けた。一回一回が貴重な講義であり、チャンスなので少しでも疑問に思ったことは積極的に質問するようになった。授業一回一回の時間の価値を貴重に感じることができるようになった。もっと自分の成長に対してどん欲になって圧倒的成長をする。
By 上塚 哲司 - 明治大学 政治経済学部
元々、クラウンアーツ・ビジネススクールに入会したキッカケは主に人脈を広げたいということ、授業を通して将来役に立つスキルなどが得られそうだと考え入会しました。入会を決めた当時はマーケティングができる、事業計画が立てられるなどと言ったスキルを伸ばすことに重点を置いて考えていました。しかし、クラウンアーツ・ビジネススクールに入会してまず学んだのが人間力が必要ということでした。どんなに自分にスキルがあっても人間力がなければ、成功することは難しいと考えるようになり、麻生さんや山本さんにとても親切に指導をいただきながら、どうにかして自分の人間力を向上させ、人として成長しようと思うようになりました。取り組み始めた当初は実感もわかなくて、やっている意味があるのかと思うようなことも有りましたが、続けていくうちに良くなったと言ってもらえることも多くなってきました。人間力を付けてしっかりと自分に自信を持てるように取り組んでいきます。また、実際に活躍されているプロの方にグループワークなどを取り入れながら授業をして頂けるという大学生ではなかなか出来ない貴重な経験をさせていただいてます。そして、最終月には法人も設立して起業することができました。起業準備も、起業後の事業展開や経営面でも、講師たちからアドバイスやフィードバックをいただけて、怖いもの無し、という感じで突き進むことができています。
By 小倉 秀斗 - 東京理科大学 工学部
大学入学前から、自分は将来仕事ができる大人になれるのかという漠然とした不安があり、大学入学後には、人と同じように過ごしては将来したい仕事ができないのではないかという問題意識を抱えるようになりました。友人の紹介でクラウンアーツ・ビジネススクールを知り、将来必要な心構え・スキルが身につけられること、将来やりたいことを明確にするきっかけが得られること、志高い仲間が得られることの三点に期待し、また上記の問題意識を解決できそうだと考え入会しました。将来必要な心構えやスキルが何なのかを見極め、それらを吸収することを自分でやるには途方もない労力と時間がかかりますが、クラウンアーツ・ビジネススクールではそのエッセンスをまとめて素晴らしい講師陣から得ることができ、目から鱗の発見が毎回あります。また共に授業を受ける仲間たちは、大学で過ごしていてはなかなか出会えないような人たちが多く、自分にはできなかった考え方や行動を実践している人に刺激されて仲間から吸収できることも多くあります。クラウンアーツ・ビジネススクールに入会してから自己投資の大事さと、成長の機会の多さに気付かされました。以前私は何に対しても出費を嫌っていましたが、将来得られるリターンと現在の出費を天秤にかけて考えることができるようになりました。またクラウンアーツ・ビジネススクールでは日常生活の中で実践し練習することでスキルを得る方法を教えてくれるので、毎日成長できます。今後は成長できる機会をフル活用することで、だんだんと描けるようになってきたなりたい自分に近づいて行こうと思います。
By 神谷 英佑 - 東京大学 文科二類
【クラウンアーツ・ビジネススクールに入会した理由】社会に出る前にビジネスに関する圧倒的な個の力をつけたかったから。マネーリテラシーを学びたかったから。【クラウンアーツ・ビジネススクールのいいところ】少人数でアウトプット重視の授業であるところ。普通の学生生活や就職活動では会えない人と人脈を形成できるところ。【自身の変化】主にコミュニケーションに関して相手に自身のしてほしいことをしてもらうために様々なことを意識しながら人と接することができるようになったこと。【今後の意気込み】No.1にこだわる。
By 細川 浩直 - 中央大学 文学部人文社会学科
私がクラウンアーツ・ビジネススクールに入会したきっかけは、社会に出る前に様々なスキルや知識を身に付けたいと思ったからです。私は、自分に何か誇れる強みが無いことからこれから先の人生に常に不安を抱いていました。そんな時クラウンアーツ・ビジネススクールの存在を知り入会しようと決意しました。クラウンアーツ・ビジネススクールの良いところは、実際に社会でご活躍されている方々から指導をしていただけることです。また、インプット型の授業だけでは無く、アウトプット型の授業も行われるので、本当の意味で知識が身についたのか確認することができます。クラウンアーツ・ビジネススクールを始めて以降、様々な課題を見つけ、改善しようと取り組むようになりました。まだまだ改善すべき課題がたくさんあるのでこれから先克服し、社会で活躍できる人材になれるように精進します。
By 平井出 拓也 - 法政大学 法学部国際政治学科
自分は就職するつもりですが、このまま普通に大学生活をしていていいのかという不安があり、自分を変えたいという思いから入会しました。自分は理系で「経営をしたい」とか「起業したい」という思いもありませんが、就活で使えるスキルや就職してからも活かせるスキルなど本当に為になる授業ばかりです。入会して2か月ほど経ったいまでは就活に対する不安はあまりありませんし、もしあったとしても気軽にCABSの講師の方に質問もできるので疑問がすぐになくなりました。
By 小島 拓人 - 北里大学 海洋生命科学部
クラウンアーツ・ビジネススクールに入ったキッカケは、Matcherという気軽にOB訪問ができるアプリを就活生の頃にフル活用していて、そのアプリに当ビジネススクール講師を務める山本講師が登録しており、プロフィールを拝見したところ、お若いのに人生の経験値が違いすぎて一度会ってみたいと思い、リクエストをして会っていただきました。その時に山本講師の志の高さを知り、日本が危ないということも教えていただき、「このまま私も淡々と日々を過ごしてはダメだ、動き出さないと!これはとてもいいチャンスを巡り合わせでいただいたのだから、ぜひ入会して自分の社会における市場価値を高めたい!」と思い、即入会しました。クラウンアーツ・ビジネススクールのいいところは、3点。講師陣のレベルの高さ、クラウンアーツのお2人の手厚いサポート、仲間の意識の高さ。1点目の講師陣のレベルの高さは毎回の授業で感じております。セールスの先生、コミュニケーションの先生、心理学の先生、名だたる方の講義を3時間まるっと、しかも少人数で聴けるため、先生との距離もとても近いです。2点めのクラウンアーツのお2人の手厚いサポートについては、面談をしてもらえます。しかも1対1でプライベートの時間を削っていただいて。その面談では悩みだったり不満や意見だったりを包み隠さず話して大丈夫です。最後に3点めの仲間の意識の高さについては、心が折れそうになっても周りの仲間のおかげで乗り越えられた、ということがあります。1期生は私しか女の子はいませんが、まるで女の子と見てないぐらいみんなよくしてくれて、毎回授業に行ってみんなに会えるのが楽しいです。クラウンアーツ・ビジネススクールを始めてからの自身の変化については、クラウンアーツ・ビジネススクールの授業内容がすぐに実践できるものであるので、授業後すぐに学んだことを実践してみよう!と心がけ、実際にすぐ行動に移せるようになったことです。正直なところ、今まで私は動き出しが遅く、そこが自分で弱みとは気付きながらも、めんどくさがり屋の性格が勝ってしまい、すぐに動けませんでした。その私が周りの仲間や先生方のおかげで少しはすぐに動ける人間になれてきたと思います。
By Y.K. - 津田塾大学 学芸学部
クラウンアーツ・ビジネススクールに入会したきっかけは、友人の紹介によるものでした。麻生社長と直接お話をし、今後の日本の状態や社会で生きるのに必要な事を話して頂き、大学だけでは就活も起業も厳しいと実感したので、このビジネススクールに入ろうと思いました。クラウンアーツ・ビジネススクールに入り変わったことは、多々あります。様々な授業があり、その中でも、能力、思考力が以前より格段に上がり、そして身体の姿勢が以前より大分と改善できたと感じています。ビジネスは他者との関わりが多く、その際に信頼関係の形成が重視されます。それを生徒全員出来るように、毎回丁寧に教えられてました。そのおかげで、多くの社長などの方に合う際に、不安を感じなくなりました。また、講師の方も親身にアドバイスをしてくれ、ときにチャンスや機会を与えてくれます。そのチャンスを活かせれば、僕は成功への道に近づけると感じています。ですので、今後の目標は、与えられたチャンスをしっかり掴み、社会的にも人間的にも、もっと上昇していきます。
By 山口 太人 - 明治大学 商学部
・入会した理由 僕は高校生のころから社長になることに憧れていて、その夢を叶える場としてこのビジネススクールが有意義な時間とお金の使い道になると判断し、入会した。これから日本に広まるかもしれないクラウンアーツ・ビジネススクールの1期生という立ち位置にも惹かれた。・いいところ まだまだプログラムが固定化されていないため、生徒の意見を聞いて授業内容を変えるなど、生徒に寄り添った柔軟な対応をしてくれるのが魅力だと思う。また、時間についてもかなり融通を効かせてくれる。さらに、毎回の授業にいらっしゃるゲスト講師は、世界で活躍する起業家の方から専門家、心理学者など多岐に渡るため、他のビジネススクールとは違った、経営のスキルだけにとどまらない多くの知識を得ることが出来るのも魅力の1つだと思う。・始めてからの変化と意気込み やはりビジネススクールに通う生徒は意識が高く、大学の友人と過ごす時間とはまったく違う時間を過ごすことが出来る。僕にとってはどちらの時間も大好きだが、こちらで過ごす時間は特別である。簡単に言えば、刺激があるということだ。そんななかで僕もいろいろな方とのご縁に恵まれて、来月には出張でフィリピンに行くことになっている。行動力や好奇心のアウトプットの場として、とても良い空間がここにあると僕は感じている。
By 小田 郁哉 - 明治大学 商学部
レベルの高い講師陣からお話を聞くことができ、さらにその講師の方たちと繋がりやすい環境になっている。今まで接してこなかったタイプの講師の方たちとお会いすることができる。講師の方たち、一人一人がそれぞれの分野で活躍しており、講師の数だけ多くの経験談を聞くことができる。また、表面的な部分だけでなく、悪いところも裏のことも実際に聞くことができるので、一般的な同世代の子たちよりも経験が伸びる。それが、これからの若い自分たちにとってかけがえのない経験へと繋がっていると感じる。スクールに通うことによって、新たな仲間たちも作ることができた。半年となると長い付き合いにもなって、本当に学校のような働きを促してくれる可能性が大いにある。<br /> この仲間がいることによってこれからの可能性がひょっとすると無限大になるかもしれない。まだ数ヶ月しか経っていないけれども、仲間たちの親近感が近づいているのが最初の時とはものすごく変わっているのを感じる。
By K.M. - 明治大学 商学部

新規スクール生、絶賛募集中!

あなたも日本の未来を担うリーダーになろう!